スズメバチを退治するハチ駆除業者|家族が安心して生活するために

男性と女性

刺されると赤く腫れる

男性

日本だけでなく海外でも南京虫の被害が拡大しています。日本の場合は特にココ10年間で全国的に被害が拡大していて、宿泊施設や一般住宅でも南京虫駆除をする必要があるでしょう。南京虫とは別名がトコジラミとも呼ばれています。体調は成虫でも1cm程度の大きさしかなく、動物の血液を栄養にして活動する害虫です。夜寝ている人間に噛み付いて、血液を吸い取るので南京虫を発見した場合は、南京虫駆除を行なっている業者に連絡しましょう。

一般住宅の場合は南京虫が生息していそうな場所は限られています。ベッドやマットレスの間、家具の隙間、そして柱や天井の隙間などに良く潜んでいます。もし自宅に南京虫が生息していて、就寝中に噛まれてしまうと赤く腫れ上がります。そして非常に強い痒みに襲われることでしょう。ですが初めて噛まれた場合は痒みもなく、赤みもありません。二度目以降に発症する症状です。そのため、噛まれてから南京虫駆除をしようと想っても室内には大量の南京虫が潜んでいる可能性があります。

厄介な南京虫を撃退したい場合は、南京虫駆除業者に依頼することがオススメです。専用の機械で部屋住の南京虫を吸い取り。大量発生を防ぐ対策も行なってくれるでしょう。また、専用の機械が浸入できない天井や壁の隙間には、高温の蒸気を注入して退治していきます。自宅の全ての南京虫を自分で退治するのは困難なので、しっかりと退治するためには南京虫駆除業者がオススメです。

Copyright© 2016 スズメバチを退治するハチ駆除業者|家族が安心して生活するために All Rights Reserved.