スズメバチを退治するハチ駆除業者|家族が安心して生活するために

作業員

猛毒を持った蜂退治

話し合い

夏になると昆虫の活動が活発になる時期です。そして最近被害が多いのがアシナガバチです。森林伐採の影響で住宅に巣を作ることもあります。すぐにアシナガバチ駆除業者に連絡しましょう。

詳細を確認する

スズメバチ対策

ハチの巣

日本には猛毒を持っている昆虫が生息しています。中でもスズメバチは非常に危険です。刺されてしまうと命を落とす人が毎年数人います。現在日本に生息しているスズメバチは3種類です。ホオナガスズメバチ属とクロスズメバチ属、そして大型のスズメバチ属に分類することができます。どの種類も女王蜂を中心に生活しています。春先に嬢王蜂は巣を作ります。その中に沢山の卵を産み、8月から10月にかけて沢山の働き蜂が誕生します。そうなると危険はさらに拡大するので、巣を発見したら早めの対策が大事です。スズメバチは猛毒を持っていて、獰猛な性格をしているので、ハチ駆除業者に退治してもらうことが一般的です。

大型のスズメバチ属は特に危険です。巣に近づく生物は手当たり次第攻撃してきます。刺されると危険なのは誰もが知っていることでしょう。しかし、スズメバチの場合は飛行しながら毒を飛ばすこともできます。そのため、スズメバチとの距離を一定に保っていても相手に攻撃することができます。スズメバチの毒がもし目に入ってしまうと失明する可能性もあります。皮膚にかかると腫れあがってしまうでしょう。家族の安全のためにも迅速ハチ駆除業者に退治してもらいましょう。もし、スズメバチに刺されたり、毒を飛ばされたりした場合は、すぐに安全な場所に避難して救急車を呼びましょう。担当医の診断を受けて、治療をする必要があります。刺された箇所は腫れ上がり、吐き気やめまいがして、意識は朦朧とするので早めの対処が大事です。

刺されると赤く腫れる

男性

ここ10年間で日本では爆発的に南京虫の被害が増えています。一般住宅でも被害に遭っているので、しっかりと退治をしなくてはいけません。南京虫駆除業者に依頼すると良いでしょう。

詳細を確認する

害虫退治の専門家

悩む女性

人間が快適に生活をするためには、害虫のいない生活環境にしなくてはいけません。スズメバチやアシナガバチなど自分で退治をすることが難しい害虫は、害虫駆除を専門にしている業者に依頼しましょう。

詳細を確認する

Copyright© 2016 スズメバチを退治するハチ駆除業者|家族が安心して生活するために All Rights Reserved.